読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一寸凡師の隙間コラム

間借り生活でコラムを発信してきた“凡師”が、いよいよ独り立ち(笑)平凡な “凡師” が綴る、ゆる~い日常

久々に カメラで撮ったよ アタタタタッ

f:id:RAMUHISA:20170416174140j:image

 

どこか可愛らしく、愛嬌のある顔。

 

大地を耕すトラクター。

まさに、“燃える男の赤いトラクター”。(懐かしい)

 

運転している方のテクニックも、正真正銘『プロ級』。

どうやったらあれほどまっすぐに耕せるかコツを聞いたところ、

 

「目印にへそを向けて進むだけ」

 

「な~んも、誰でもすぐ出来る~」と謙遜していたが、

 

その道のプロが発する言葉には重みがある。

 

 

 

ふと、以前たまちゃん先生(小玉宏さん)から聞いた「鍋職人」の話を思い出した。

 

「簡単そうに見えるものほど、難しいですよね」

 

この鍋職人の方。

自分が作った鍋が初めて売れるまでに、5年かかったそうな。

 

 

自分の中に「心棒」を立てて、今できることを一生懸命にコツコツと。

可愛い顔をした赤いトラクターも、そう語っているように見えた。